最新ニュース
News

ニュース

大崎上島町がメキシコのホストタウンに登録されました

 2020年5月29日に内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部から,ホストタウンの第20次登録団体が公表され,メキシコ合衆国を相手国として,本県及び県内22市町共同で登録しているホストタウンの実施主体に,大崎上島町が追加されました。
 これで,メキシコ合衆国を相手国としたホストタウンについては,県及び県内全23市町が登録団体となりました。

【参考】ホストタウンとは
 東京オリンピック・パラリンピック競技大会の参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を行うことにより,地域の活性化等を推進することを目的とした地方公共団体です。
 スポーツ交流をはじめ,平和・文化など多彩な交流が大会以降も広く県内で継続的に実施されるよう,県及び県内全市町のホストタウンで取組を進めます。

記事一覧へ