最新ニュース
News

ニュース

メキシコパラリンピック委員会と事前キャンプに係る基本協定を締結!!

1月9日、メキシコパラリンピック委員会会長を広島に招き、在日メキシコ大使館や日本パラリンピック委員会をはじめ、100人以上もの関係者の皆さんの立会の下、東京2020パラリンピック競技大会に向けた事前合宿の広島県での実施について、基本協定を締結しました。

これによって、広島市で陸上競技と水泳、府中市で卓球とボッチャ、廿日市市で柔道のメキシコパラリンピックチームが、東京2020パラリンピック競技大会に向けた事前合宿を行うことが決定しました!

東京2020オリンピック・パラリンピックの開催年である今年は、6月下旬ら8月下旬にかけて、メキシコオリンピックチームと合わせて、最大で約400名ものメキシコ選手達が、広島で事前合宿を行うことになります。

皆さん、是非、合宿地を訪問して、東京2020オリンピック・パラリンピックに出場する選手達の世界水準の技に、間近に触れてください!

記事一覧へ