最新ニュース
News

ニュース

空手・メリジェラ選手の近況報告

オリンピックでメキシコ代表を目標とする空手家のメリジェラ・アレオラ選手


2019年廿日市市の合宿に参加した,空手61キロ級であるメリジェラ・アレオラ・フェレイラ選手は、新型コロナウイルスの影響により2021年に延期となった東京オリンピックで,メキシコの代表選手となれるよう様々な準備を行っています。

メキシコのインタビューで彼女は「最終的に私は、国内と国際大会で一位になるという意志と,プレオリンピック大会とオリンピック大会でメキシコ代表になりたい」と語っています。
この目標を達成させるために,プエブラ州のスポーツ学校のチームと専属のナショナルトレーナーの指導のもと,自宅でトレーニングに励んでいますが,「練習のサポートをしているフィジカルトレーナーは,頻繁に連絡をしてくれている。ナショナルトレーナーの中にも,私たちの練習をモニタリングしてくれる人もいる。プエブラ・スポーツ学校のチームとはトレーニングの再構成に取り組み,世界大会に向けての練習に取り組んでいる。このコロナ禍の状況でトレーニングの再構成ができて嬉しかった。」とも語っています。

また,専属トレーナーとは,テクニカルな部分をベースに取り組んでるそうです。具体的には,外に出ることに慣れていた環境から突如外出できなくなり,インターネット上でやり取りする状況に変わったことが少し苦しかった彼女は,精神的な面にも取り組んでおり,「栄養士とも,Zoomで勉強したり,ビデオをチェックしたり,リモートで指導を受けている。」と近況を報告しています。

メキシコの空手有力選手のメリジェラ。様々な面で,より成長した姿が来年見れることを期待しましょう!

引用:https://www.gob.mx/conade/es/articulos/karateca-merillela-arreola-con-el-objetivo-de-representar-a-mexico-en-juegos-olimpicos-251350?idiom=e

記事一覧へ