最新ニュース
News

ニュース

メキシコ野球チームが東京2020大会出場権を獲得しました

東京2020大会に向けた事前合宿を、三次市で実施する予定となっているメキシコ野球チームが、『2019 WBSCプレミア12』に出場しました。
この大会は東京2020大会の予選も兼ねており、オープニングラウンドはメキシコ、台湾、韓国で3つのグループに分かれて開催されました。
オープニングラウンドを勝ち抜いたメキシコを含む各グループの上位2チームは、日本で行われたスーパーラウンドへ進出。激戦が繰り広げられる中、メキシコチームは、3位決定戦でのアメリカとの接戦の結果、勝利をおさめ、見事、東京2020大会出場権を獲得しました!
これにより、6チームが出場する東京2020大会には、開催国である日本、韓国、イスラエル、メキシコの計4カ国の出場が決定しました。
残り2チームは、アメリカ大陸予選(来年3月)で1チーム、台湾で行われるインターコンチネンタル予選(来年4月)で1チームが決まる予定となっています。
メキシコ選手団の事前合宿地となっている広島県としては、メキシコソフトボールチームに続き、大変嬉しいニュースとなりました。

記事一覧へ