射撃
Shooting

競技概要

射撃は、銃器を用いて標的を撃ち、精度の高さを競う競技。固定された標的を撃つ「ライフル射撃」と、空中に放出された動く標的を撃ち壊していく「クレー射撃」があります。
オリンピックでは第1回の1896年アテネ大会からの正式競技です(1904年セントルイス大会、1928年アムステルダム大会を除く)。精密な技術を要する競技で、体力より重要となるのがメンタルの強さ。集中力をどれだけ高め維持できるかが勝敗を決めるカギとなります。ライバルと戦うというより、各選手が自分自身と戦うスポーツともいえます。
ライフル射撃は同心円が等間隔で描かれた標的の中心を狙って撃ち、中心に近いほど高い得点になります。ライフル銃を使う種目と、ピストルを使う種目があり、それぞれに標的までの距離、使う銃の種類などにより、種目が分かれています。銃の種類は、50mライフル、10mエアライフル、25mピストル、10mエアピストルの4種類があり、距離は50m、25m、10mの3種類。撃つ時の姿勢も、片方の足を膝立て、膝の上に銃を置いて構える「膝射(しっしゃ)」、伏せて銃を構える「伏射(ふくしゃ)」、立った姿勢で銃を構える「立射(りっしゃ)」の3種類があり、それらを組み合わせた種目もあります。
一方、空中に飛び出したクレーといわれる皿状の標的を散弾銃で撃つのがクレー射撃。1つの装置から遠くにクレーが飛び去る「トラップ」と、左右の装置からクレーが放出される「スキート」があります。
東京2020大会では、10mエアライフルと10mエアピストル、混合トラップが加わります。

選手紹介

選手情報が登録されていません。

Camp Mexico アルバム

#campmexico広島
Instagramアイコン画像
Instagram
  • # campmexico広島

競技別最新ニュース最新ニュース一覧(すべて)

現在、射撃に関する最新ニュースはありません。

子ども記者

現在、射撃に関する子ども記者の記事はありません。