カヌー
Canoeing

競技概要

数千年の昔から、水上の移動手段として世界各地で人々に親しまれてきたカヌー。スポーツとしてのカヌーは19世紀にイギリスで発祥しました。カヌーには、流れのない直線コースで一斉にスタートし、着順を競うスプリントと、激流を下りながら吊されたゲートを順に通過してタイムと技術を競うスラロームがあります。
川や湖、またそれに似た屋外の人工のコースで行われるので、大自然と一体となる爽快感が最大の魅力。風を感じながら水上を疾走する気持ち良さを、観戦者もともに味わうことができます。
競技で使われるカヌーのタイプは2種類あり、ブレード(水かき)が片端だけについているパドルで行うカナディアンと、両端についているパドルで行うカヤックです。さらにスプリントはシングル(1人乗り)、ペア(2人乗り)、フォア(4人乗り)の区別があり、距離も200m、500m、1000mの3種類あります。
これらを組み合わせて男女でスプリントが計12種目、スラロームが4種目行われます。2016年リオデジャネイロ大会までは、女子はカヤックのみで、男子より種目数も少なかったのですが、東京2020大会では女子にカナディアンが加わり、種目数も男女同数になりました。

選手紹介

選手情報が登録されていません。

Camp Mexico アルバム

#campmexico広島
Instagramアイコン画像
Instagram
  • # campmexico広島

競技別最新ニュース最新ニュース一覧(すべて)

現在、カヌーに関する最新ニュースはありません。

子ども記者

現在、カヌーに関する子ども記者の記事はありません。