ボート
Boat

競技概要

ボート競技は、水上の直線コースでオールを使ってボートを漕ぎ、順位を競う競技。カヌーと逆で、進行方向に背中を向けて漕ぐ。ボートに足を固定し、レール上に設置されたシートが前後に動き、主に脚力を使って進む。オリンピックでは2,000メートルで行われる。
シングルスカルを除き、2人以上のチームで行うため1人1人の能力も必要だが、何よりチームワークが求められる。全員の息がぴったりと合ったときの美しさは、まさにボート観戦の醍醐味といえる。
オリンピックでは歴史が古く、第2回パリ1900大会から実施されており、女子はモントリオール1976大会から行われている。
種目は大きく分けてスカルとスウィープの2つの種類がある。スカルはオールを右手と左手に1本ずつ、合わせて2本持って漕ぐ競技。一方スウィープはオールを1人1本ずつ持って漕ぐ競技だ。
漕ぎ手の人数で分けると、スカルにはシングル(1人)、ダブル(2人)、クオドルプル(4人)の3種類があり、スウィープにはペア(2人)、フォア(4人)エイト(8人)の3種類がある。オリンピックでは、スウィープの「エイト」のみ漕手8人のほかに舵手(コックス)が乗る。また、種目により体重制限の設けられた「軽量級」がある。軽量級は、男子の漕手各人が72.5kg以下で平均体重が70.0kg以下、女子は漕手各人が59.0kg以下で平均体重が57.0kg以下となっている。
東京2020大会からは男女の種目数が同じ7種目ずつになることが決定している。軽量級があるのはダブルスカルだけになり、男子にあった軽量級舵手なしフォアがなくなる。また、女子に舵手なしフォアが新たに加わる。

種目
シングルスカル(男子/女子)
舵手なしペア(男子/女子)
ダブルスカル(男子/女子)
舵手なしフォア(男子/女子)
クオドルプルスカル(男子/女子)
エイト(男子/女子)
軽量級ダブルスカル(男子/女子)

会場(施設紹介)

芦田川漕艇場

住所:福山市水呑町4748番地

芦田川河口湖の静穏で広大な水面を利用し、漕艇競技の会場として竹ヶ端運動公園から小水呑橋までの間に国際大会が開催できる2000m、A級の漕艇コースが設定できます。
都心に近い恵まれたこのコースを利用し、1994年にアジア競技大会1996年にひろしま国体が開催されました。

合宿カレンダー

項目 日 程 備 考
公開練習 7月24日(水曜日) 9時30分~12時30分、16時00分~18時30分 芦田川漕艇場(見学自由)
公開練習 7月25日(木曜日) 9時30分~12時30分 芦田川漕艇場(見学自由)
歓迎レセプション 7月25日(木曜日)
公開練習 7月26日(金曜日) 9時30分~12時30分、16時00分~18時30分 芦田川漕艇場(見学自由)
公開練習 7月27日(土曜日) 9時30分~12時30分 芦田川漕艇場(見学自由)
浴衣を着て夜店体験(毎土夜店) 7月27日(土曜日)
公開練習 7月28日(日曜日) 9時30分~12時30分 芦田川漕艇場(見学自由)
公開練習 7月29日(月曜日) 9時30分~12時30分、16時00分~18時30分 芦田川漕艇場(見学自由)
メキシコ料理教室(緑丘公民館) 7月29日(月曜日)
公開練習 7月30日(火曜日) 9時30分~12時30分 芦田川漕艇場(見学自由)
松永地域での交流(高西コミュニティセンター) 7月30日(火曜日)
公開練習 7月31日(水曜日) 9時30分~12時30分、16時00分~18時30分 芦田川漕艇場(見学自由)
公開練習 8月1日(木曜日) 9時30分~12時30分、16時00分~18時30分 芦田川漕艇場(見学自由)
公開練習 8月3日(土曜日) 9時30分~12時30分、16時00分~18時30分 芦田川漕艇場(見学自由)
公開練習 8月4日(日曜日) 9時30分~12時30分 芦田川漕艇場(見学自由)
エンドパーティー 8月4日(日曜日)

選手紹介

選手情報が登録されていません。

Camp Mexico アルバム

#campmexico広島
Instagramアイコン画像
Instagram
  • # campmexico広島

子ども記者

現在、ボートに関する子ども記者の記事はありません。