「メヒコ・アミーゴ(Mexico Amigo)」「メヒコ・アミーゴ(Mexico Amigo)」

ゴルフ選手団の日本文化体験

7月14日(日)から東広島市で事前合宿を行っているメキシコゴルフ選手団が、お好み焼き体験やお祭りなど、日本の文化を体験しました。
皆さんにインタビューしたところ、一番印象に残っている文化体験が書道体験だった、という選手もいました。
書道体験は初めてだったにも関わらず、皆さん予想以上に上手で、先生はとても驚いていました。
白いTシャツを着ていた選手も3人もいましたが、墨が服に飛び散らないように、気を付けながらゆっくりと筆を動かしていました。
書き終わると笑顔で作品を見せ合い、誰が一番上手くかけているのか競うなど、皆さん、とても楽しんでもらえた様子でした。

そんな彼らに日本や広島の印象について、聞いてみました。

栄えているところもあれば、緑もたくさんあって、両方をバランスよく融合しているところが、とても魅力的に感じました。
また、皆さんの計画さに驚きました。予定時間の5分前に集まっているのはすごい(笑)
メキシコでは予定時間を設定しても、結局30分過ぎに集合することが多いので、日本人にはびっくりしました。
(ホセ・マヌエル・ニエト/男性/21歳)

 広島の皆さんがメキシコの文化に興味をもってくれていることには驚きましたし、とても嬉しく思いました。私たちにやる気やエネルギーを与えてくれました。皆さんもとても親切で感謝しています。
(バニア・アリシア・シモン/女性/15歳)

 広島の文化や街並み、建築物がとても素晴らしかったです。特に気に入ったのは、ゴルフ場!メキシコと大きな違いがあるわけではないですが、日本のゴルフ場はとてもキレイな状態を維持されていてビックリしました。お陰様で気持ち良く練習することができました。
(アルマ・アンヘリカ・ガルシア/女性/18歳)

広島を好きになりました。皆さんとても優しくて、困ったことも一切なく、とてもいい合宿を過ごしています。一番良かった点は、ゴルフ場です。すごくキレイでしたし、自動のゴルフカートには驚きました。メキシコのゴルフカートは一般的にマニュアルですので(笑)
学校訪問では、子供たちの時間に対する意識の高さにもすごく驚きました。世界中が見習うべきですね!
(セバスティアン・リンコン/男性/19歳)

広島について話す彼らの目がキラキラしていました。残りわずかの合宿を有意義に、笑顔で過ごしてほしいですね。
この続きは、近日掲載予定です。

記事一覧へ